立山連峰と後立山連峰に挟まれた黒く深い黒部峡谷は、人跡未踏の地域でした。ここに黒部川第四ダム(通称クロヨン)が建設され、人口の湖、黒部湖が出現。誰もが気軽に入山できるようになったのは、つい近年のことです。黒部湖遊覧船から窺う黒部の渓流、カンパ谷の吊橋から続く黒部湖畔左岸の遊歩道、黒部平の下方に広がる静寂なブナやクロベ(ネズコ)の森に、かつての黒部源流の面影を探し出すことができます。